初恋で見事に玉砕、その後…

私は高校が美術科という特殊なクラスだったので、クラスの9割が女子でした。
残り1割の男子は、基本的に大人しいし同じ道を志す仲間という感覚で、
あまり異性として意識した事がありません。
その後、私は東京の美大の夜間学科へと進学しました。

大学1年生の秋頃、私は初めて好きな人ができました。
学年は2つ上で、年齢は7つ上。
既に仕事をしている方で、昼は仕事をし、夜は学校で勉強をしている方で、初めて会った大人の男性に、
初めは尊敬の気持ちが強くなっていきましたが段々と好きという気持ちに変わっていきました。
女友達に相談して、連絡先を交換して、電話したり、ご飯に誘ってみたり、
今では考えられないくらい猛アピールをしました。
しかし、先輩と同級生で私を可愛がってくれていた方から相手はずっと片思いしている相手がいると告げられます。
初めて人を好きになった、玉砕してもいい、きちんと気持ちを伝えたいと思い、一世一代の告白。
もちろんお断りされました。

失恋を引きずったまま2〜3か月後、友人の紹介で7つ上の男性と知り合いました。
向こうは私が相手の事をまだ断ち切れていない事も承知の上で、付き合おうと言ってくれました。
メンタルが弱っていた私は、思わず「はい」と答えてしまったのです。
しかし、やはり好きではない相手。
もしかしたら付き合い始めたら徐々に好きになるかもしれないと思っていましたが、
話してる時もメールをしていると時も、頭の中は初恋の相手でいっぱいでした。
付き合って2週間くらい経った後に、
向こうが一緒に歩いている時に手を繋ごうとしてきて、私は思わず拒否反応が出てしまいました。
「ごめん、まだ早かったよね」と謝ってくれましたが、私は気が動転してそのまま逃げ出してしまいました。
その後、しばらくは音信不通状態が続き、
私もこのまま相手と付き合っても好きになる事はないんじゃないのかと悩み、
LINEで一方的に別れたいと告げ、向こうからの連絡も全て拒否。
1年ほど経って冷静に考えた時、
交際期間は短かったとはいえ私を好きと言ってくれた、
初めての彼氏に対してあんな酷い態度を取ってしまった事にとても後悔しています。

これがきっかけで私は「自分に恋愛なんて無理なんだ」と、好きな人が出来ても「私に恋愛する資格なんてない」と思い、
いつも恋愛から逃げてばっかりの人生になってしまいました。
結果的に、26歳までキスもセックスも経験しなかったので、
その間はそれがずっとコンプレックスに感じていました。
もしあの時、きちんと話し合って別れる事が出来ていたら、こんなにこじらせ女子にはならなかったのだと思います。

Navigation