嫉妬、束縛の激しい男性から学んだこと・・・

2年前の話になりますが、当時付き合っている男性がいました。その男性とは同じ職場で働いている方で、仕事の面ではみんなからも一目置かれるような真面目で几帳面で優しくて、という方でした。私も最初は尊敬できる人でしたが次第に心惹かれて行ったのです、その男性とは一緒に仕事をさせてもらうことが多かったので互いに次第に惹かれ合い、男性の方からアタックされ、最初は同じ職場だったので付き合うとまでは躊躇っていた部分があったのですが、同じ職場ということ以外は文句なしの方だったので、私も付き合いたいと、気持ちも変わり付き合うことになりました。
その当時はお互い寮生活、仕事の関係上、会う機会が仕事以外になかなか無く、男性の方から一緒に住まないか、と提案され、彼に夢中だった私は即OKとなり一緒に住むようになり、とても楽しい同棲生活でした。
家賃や、光熱費など彼の方が収入も良かったため
色々な面で手助けもしてくれていました。仕事でも一緒だし、家に帰れば2人だけの時間で。本当に幸せ。
しかし、ある日彼の浮気が発覚したのです。
最初は嘘だ、何かの間違えだと思っていましたが、あらゆるところから証拠が出てきて、ついには彼の方からの浮気しているという事実まで突きつけられました。
私はショックでしたが、彼ももうしない、今の関係も終わらせるからこれからも一緒にいてくれ。という言葉を聞き、私も大好きだった彼なので浮気の一回くらい見逃すべき。と思いもう一度初心に戻りやり直すことに。
が、しかしその時から彼の嫉妬・束縛が激しくなり、少しラインの返信が遅いと必要以上に怒ったり友達と会うため地元に帰った時は写真、返信の速さなどたくさんのことを要求されました。私も最初は不安にさせないため、自分が浮気されていた時の気持ちを相手に味合わせたくないという想いで頑張っていました。しかし、月日が経ち3ヶ月くらいだったでしょうか。また彼が浮気していることがわかったのです。2回目ですさすがに、もう終わりだと、思いました。しかし彼は2回目浮気したにもかかわらず、もう一度やり直そうと言ってきたのです。
さすがに考えさせてほしいと伝え何日かを過ごしました。
すると突然彼は手のひらを返したかのように、別れようと言ってきたのです!
私もびっくりしましたが、どうしてそのように考えたのが聞いてみたところ、自分が浮気してるのに相手を縛るのに疲れた。と聞き、私の思考回路は渋滞していました。よくよく聞くと、私が地元に帰ってる間など、彼の方が浮気をしていたらしくそれがバレないようにとわざと返信を早くしたり、写真を送ってもらうなどしていたようです。よく、自分が浮気している人に限って嫉妬や、束縛が激しいと。
まさにその通り、それに気づくことが早めにできなかったことを私は後悔しています。
身をもって、嫉妬、束縛が激しい人は自分が後ろめたいことをしているのだと学びました。

Navigation